賃貸物件を探す場合、トラブルに繋げないため、周辺環境や間取りについてなど、事前に確認することが大切です。
MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸における様々な負担

賃貸トラブルは確認や相談で回避する

賃貸物件を探す場合には、様々なトラブルや疑問点なども出てくるもので、入居した後にトラブルに繋げないために、不動産会社に対し、相談や確認はしっかり行うことが入居者側には求められます。例えば、賃貸物件を探す時に挙げる条件の中に、駅チカなどを挙げる場合があります。それと同様に、不動産会社では、徒歩何分という目安を挙げて物件を紹介していますが、歩分の算出というのは、規約に基づいて80m・1分と決められています。ですので、実際歩いてみて所要時間に違いが出ることが良くあり、見学の際には自分の足で歩いて確認することもトラブルにならないためのポイントです。

さらに、まだ完成していない新築物件などでは、間取りを確認するのが困難で、完成・入居した後で間取り図と実際の部屋が若干違う場合もあります。店舗用としての賃貸物件の場合には、業務に支障をきたすなどの影響で契約を解除することができますが、住むことがメインとなる賃貸物件の場合には、契約を解除することが難しいことも頭に入れておきたいポイントで、広さや家具の搬入などに困難が生じる場合には、管理業者に相談することで解決できることもあり、賃貸物件は入居前の事前の確認が最低限必要で、トラブル防止に繋がります。

Copyright (C)2017賃貸における様々な負担.All rights reserved.