賃貸を借りたいと思ったら0物件の所もありますが、敷金、礼金の所もあるのでそちらを選びます。
MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸における様々な負担

賃貸はよく考えて決める

賃貸は敷金がありますが、関西では保証金として残っています。敷金を払っていたらもし部屋のお金を払えなくなった時にはそこから出るという仕組みです。中には0物件という物がありますが、それは嬉しいと思う前にどういうデメリットがあるか考えた方がいいと思います。よく勉強して決める必要があるという事です。大家さんの立場としてはどんな人が入居するのか気になります。部屋をいい加減に使う人でしたら貸したいと思いません。きれいに使って家賃を滞納しない人がいいのは当たり前です。礼金は戻ってこないお金なので、払わなくてもいいと思う人がいるかも分かりません。

礼金は部屋を貸してくれてありがとうの感謝の気持ちなので、払っておいた方が貸す方も嬉しいと思います。昔からの日本の礼儀として考えておいたらいいでしょう。0物件だから嬉しいと考えないで、払える物は出しておいた方がいいと思います。その方が出て行く時にも敷金から、壊れた所の補修をやってくれるはずです。それで余計なお金を払わないで済みます。長い事暮らしていたら痛む所があるのは仕方がありません。各人が気をつけて生活する様にして下さい。それで明るい気持ちで暮らす事が出来ます。

注目情報

Copyright (C)2017賃貸における様々な負担.All rights reserved.