私が考える、賃貸物件を選ぶ際に気を付けることやどんな物件を選べば良いのかなどを書いています。
MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸における様々な負担

賃貸物件を選ぶ際に気を付けること。

賃貸物件を選ぶ際に気を付けることはまず敷金があるのかです。基本的には敷金はあると思いますが、最近では敷金、礼金ゼロ物件などが流行っています。これは初期費用を大幅に抑えることができるので、非常に魅力的なサービスに思われがちですが、隠れた危険性もあります。それは、退却時に不当に修繕費と言われて高額なお金を請求される時があります。敷金を支払っている場合は、敷金以上にお金は基本的には退却時にかからず、さらに余った分は返却してくれます。しかし、敷金を払っていないと急に高額な請求が来る可能性があります。さらに、業者が嘘をついて壊れていないのに壊れているといって、修繕費を騙し取るケースもあるので、トラブルに発展する危険性も高くなります。

次に気を付けるところは、選ぶ物件付近の治安の良さを確認することです。昼間は大体どこも治安は良いです。しかし、夜になると雰囲気が一変することも多いです。治安の良さは、生活する上で重要なことだと思います。ですから、ご契約される前に決めようとしている物件を夜に見に行くと良いと思います。

この他にもたくさん気を付けることはあると思います。住まいは生活に非常に密接する重要なことですから、慎重に決めるべきだと思います。

注目情報

Copyright (C)2017賃貸における様々な負担.All rights reserved.