賃貸物件に安く住むには、家賃交渉は必須です。管理業者であれば礼金が不要な場合があるので節約出来ます。
MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸における様々な負担

賃貸住宅に安く住む方法

賃貸物件に住む為には不動産会社に相談して決めなければなりません。自分で家探しが出来る人は少ないです。その理由としてはやり方がわからない上に、良い物件を見つけたとしても管理者と連絡を取る方法がわからないからです。

不動産会社に相談するメリットとしては、複数の物件から自分の希望する物件を見つける事が出来るという事です。そして、家賃交渉等も同時に行う事が出来ます。不動産会社には仲介業者と管理業者が存在します。前者の場合は大家との間に立って仲介をしてくれます。家賃交渉は直接大家にする事ができないので、自分の希望する金額にはならない事が多いです。後者の場合は相談相手自身が管理者である場合があるので、そういった場合は家賃交渉をスムーズに行う事が出来ます。また、そういった物件は仲介業者は介入する事ができないので、入居を希望する客自体が少ないです。つまり、入居を希望すればある程度の要望は聞いてくれるという事です。退去時のハウスクリーニング代をサービスしてくれるなど、細かい部分で節約する事が出来ます。また、礼金が不要な場合が多いので場合によっては10万円単位で得をする事もあります。出来れば両方の業者をあたってみて自分の希望に沿った物件を探す事が大切です。

注目情報

Copyright (C)2017賃貸における様々な負担.All rights reserved.