賃貸物件で騒音被害に合わない為には、大学生が多く住む大学の近くの物件は選ばないようにすることが大切です。
MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸における様々な負担

賃貸物件で騒音被害に合わない為に

賃貸物件は一戸建てではなく、集合住宅であるので自分以外にも多くの住民が住んでいます。色んな人がいるので、住民同士でトラブルになるケースも珍しくありません。そのトラブルの主な原因は騒音被害によるものです。壁が薄くて、テレビの音や話し声がそのまま聞こえてきてトラブルに発展するケースが多いです。

そういったトラブルに巻き込まれないようにする為には、賃貸物件をよく考えて選ぶ事が大切です。まず、うるさそうな住民がいる物件には住まないという事です。うるさいかどうかは見た目では判断できませんし、どんな人が住んでいるのかは教えてはくれません。しかし、大学生が多く住んでいる様な大学の近くの物件は要注意です。大学生は人によって帰宅時間が様々です。サークルや部活で遅くなる人もいれば、昼間に帰宅する人もいます。つまりひっきりなしにドアを閉める音が聞こえてくるということです。また、飲み会を自宅で行う場合も多いので騒音被害を受けやすいです。この場合は壁が薄くなかったとしても人数によっては音漏れが激しい場合があります。こういった騒音被害に逢いたくないのであれば、大学の近くはお勧め出来ません。出来るだけ公共団地に住む事がお勧めです。

Copyright (C)2017賃貸における様々な負担.All rights reserved.