賃貸物件か分譲物件のどちらがいいのかは、自分の部屋を改装したいかどうかで決めるという事も一つの手段です。
MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸における様々な負担

賃貸か分譲のどちらを選ぶのが良いか

物件には賃貸物件と分譲物件が存在します。賃貸物件は毎月家賃を支払って、その部屋を借りる権限をもらって住むものです。分譲物件はマンションの一室を買い取って、自分の持ち家にするものです。これらのうちどちらにもメリットとデメリットが存在します。

賃貸物件のメリットとしては、契約期間の満了により自由に出て行くか継続するかを決める事が出来るという事です。住んでみて気に入らない点があれば契約期間満了と同時に引っ越す事が出来ます。また、物件によってはインターネット回線や冷暖房費が無料の場合があり、物件によっては様々なサービスを受ける事が出来ます。デメリットとしては、部屋を自由に改装する事が出来ないということです。壁を傷つける様な事や、壁に釘を打ってインテリアを飾る事も出来ません。壁紙に関しても好きなデザインに変える事も出来ません。分譲物件のメリットは、部屋を自由に改装する事が出来るという事です。完全に自分の所有している持ち家であるので、壁を傷つける飾り付けも自由に行う事が出来ます。デメリットとしては、集団住宅であるので近所づきあいを強いられるという事です。避ける事も可能ですが出来るだけ付き合いはしておいたほうがいいと言えます。

注目情報

Copyright (C)2017賃貸における様々な負担.All rights reserved.