賃貸において審査の際に用意すべき保証人は収入を始めとして条件のことも考えて慎重に選ぶようにしよう
MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸における様々な負担

賃貸での審査のための保証人はどうするか

賃貸物件では入居審査というものがありますが、その入居審査で大前提となるのが保証人の存在です。保証人がいない場合には審査以前の問題として落とされることになるので、必ず保証人は用意する必要がありますので、審査の際にはまずは保証人を探すことが重要となります。

保証人はいわゆるもし家賃が何かしら理由で支払えなくなった際の代わりをする存在なるので、保証人になるべき存在としては入居者より収入がない方はまず無理な話です。そして赤の他人も保証人の信頼としては不安になるので、まず保証人としては認められない可能性が高いです。なので保証人として選ぶのなら基本的には家族の中からということになります。ただ、そもそも審査をするのは大家さんなので、その大家さんが認めてくれる人を連れていく必要があります。後はその保証人がどこに住んでいるかも問われ、近くにいることが条件となっていることもあるので、遠くに住むと考えるのならその条件には気をつけましょう。

どれにせよ保証人は出来るのなら誰もがなることに抵抗のある立場の人間です。なので簡単に見つからない可能性が高いので、予めそれに関しては家族と話し合いをして決めて慎重に選ぶようにしましょう。

注目情報

Copyright (C)2017賃貸における様々な負担.All rights reserved.