賃貸の契約の際には契約書を必ず確認して疑問は相談し、分からないことがない状態で契約をするようにしよう
MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸における様々な負担

賃貸契約書で確認すべきところ

賃貸契約書を交わせば、いよいよそれで入居をすることが可能となりますが、その前に賃貸契約書の内容はこれの前に出る重要事項説明書と合わせて確認しておく必要があります。そうでないといざトラブルになった際に不利になるのはこちらの方だからです。

まずは賃貸契約書で最初に確認すべきところといえばその賃貸契約の期間でしょう。この期間によって家賃の支払いはもちろんですが、契約解除をする際の時期も変わってきます。満了終了と出ている場合もありますが、その際には契約終了はその契約開始の前日となるので気をつけましょう。そしてもちろんそれに合わせて家賃の支払い方法とその期日の確認もしてきましょう。特に支払い方法はトラブルになるケースもあるので、どのような方法があるかしっかりと把握しておきましょう。そして期間があれば更新をする必要も出てきて、更新の際には料金を支払う必要があるので、その料金がどれくらいかも把握しておきましょう。

とにかく契約書は1回契約すれば知らなかったで済まされない話になってしまいます。なのでどこか疑問がある場合にはそのままにせずに不動産業者に確認をしておきましょう。そして疑問がない状態で契約をするようにしましょう。

Copyright (C)2017賃貸における様々な負担.All rights reserved.