大学転入の為、新幹線で何往復もして賃貸を探しましたが、欠点ばかり目につきすぐに決めることができませんでした。
MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸における様々な負担

新幹線で何往復もして賃貸マンションを探しました。

今から5年以上も前のことです。子供の大学転入を契機に今の賃貸マンションに引っ越してきました。もともと住んでいたところは新幹線で2時間かかる場所でしたので、そこから何度も往復して今のマンションを決めたのです。交通費にお金をたくさん使ってしまいました。

転入が決まったのが10月、しかし実際に部屋探しに動き始めたのは年を越してからです。しかしいい物件はなかなかないものです。そうこうしているうちに2月に入ってしまい、気が焦るばかりでちっとも話がすすみません。この部屋なら、と思っても欠点が目につきもっと他を当たってみよう、ということになるのです。

そんな時に、ここなら部屋の感じもいいし使いやすそうだなと思ったところがありました。ところが窓をあけてびっくりです。その部屋は3階だったのですが、すぐ真下がかなり広いお墓だったのです。でも住みやすそうだし、いったんは借りることにしたのですが、怖がりな私はやっぱりひとりで留守番する時耐えられないと思い、結局お断りしてしまいました。それからも何件かマンションを見てまわり、時間はどんどんたつばかりです。つくづく年を越える前から探しておけば良かったと後悔しました。時期的には早過ぎるのかもしれませんが、そうしたほうがこんなに焦った気持ちにはならないですんだと思うのです。

Copyright (C)2017賃貸における様々な負担.All rights reserved.