賃貸においては、様々なものについて賃貸人の負担になるものと賃借人の負担になるものがあると思います。
MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸における様々な負担

賃貸における様々な負担

賃貸において、様々な賃貸人の負担になるものと賃借人の負担になるものがあると思います。基本的には、経年劣化によるものについては、賃貸人の負担となるものが多いのではないかと思います。故意によるものについては、賃借人の負担となるものが多いのではないかと思います。物件というのは、様々なものによってできています。木材であったり、コンクリートであったり、タイルや石、紙などです。これらのものは、頑丈にできており、何年、何十年暮らしても住み続けることが可能ですが、次第に劣化していってしてしまいます。そうなることによって、壁紙やタイルが剥がれてきてしまったり、床や壁の色が変わってきてしまったり、備え付けられているものが破損してしまったりしてきてしまいます。

そういった、時間の経過による故障などにかかる修理などの費用は、賃貸人の負担になります。その一方、イライラしているときなどに、壁を殴ったり蹴ったりしてしまった結果、穴が開いてしまったり、ものを引きずったりすることで床に傷を付けてしまったりした場合にかかる修理などの費用は、賃借人の負担になります。判断が難しく、どちらが負担するか問題になることも多いと思いますので、日頃から気を付けて住むことが大切だと思います。

Copyright (C)2017賃貸における様々な負担.All rights reserved.